天然石やビーズでオリジナルアクセサリーを作っています。 アクセサリーのこと、日々のこと、好きなこと、気ままに my style diary IG : KYOKO_LEPERLINE 
by leperline
My Home Page
カテゴリ
全体
Beads&Accessaries
Fly Fishing
my home
Welcome to my house!
from my Kitchen
器好き
古物好き
お出かけご飯
美味しいもの

旅 イタリア 
旅 京都
Italia
お出かけ
猫*Saphy
猫* ATOM the cat!
集い
習い事
Photo
Hot Yoga  
素敵なもの
日々
お知らせ
タグ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
more...
最新のトラックバック
器美味会 * 秋色お昼ご飯
from Azumi'sDiary
器美味会 秋色昼ご飯
from 器日々
鴨鍋Party @ pi..
from Azumi'sDiary
嬉しいお呼ばれ
from 食卓の風・・・
鴨鍋ランチ会
from 器日々
WA・ITALIAN @..
from Azumi'sDiary
ビーズさんちに伺いました♬
from Mino'sLife
和イタリアン* ビーズ邸
from 器日々
大人の林間学校 林間煖石の會
from Azumi'sDiary
大人の林間学校 2014
from Azumi'sDiary
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
空豆 ペコリーノ パンチェッタ ドライトマトのパスタ Pasta con le fave pecorino pancetta e pomodorini
b0098139_20111707.jpg
空豆が沢山やってきました。
空豆のパスタが食べたくなってレシピを探したのですが、うーん。。。。。
ならば作ってみよう!と考えて作ったパスタ。

b0098139_20234846.jpg
空豆 ペコリーノ パンチェッタ ドライトマトのパスタ。
簡単に言うと、空豆のペーストを作り、カリカリパンチェッタにドライプチトマト、ペコリーノチーズと共に合えます。
ちなみにペコリーノはトスカーノ。(ロマーノは塩分強いので)
ピエンツァで買ってきたものがまだ少し残っていました。

仕上げにペースト分量外の空豆と薄くスライスしたペコリーノを散らし、黒こしょうを挽きます。
なかなかいけるかも~ (*^_^*)
b0098139_20262950.jpg
休日の遅めのランチ。

本日お初に使う浜本先生の斑唐津の器をサラダの取り皿に。
一柳さんの大鉢と合う!

b0098139_20114838.jpg
そして、そして、先日の京都で購入したアンティークラリック ロータスのワイングラスを初使いしました。
素敵でドキドキしました ❤

b0098139_20122770.jpg






[PR]
by leperline | 2015-05-24 22:10 | from my Kitchen
京都女子旅 アンティークと究極グルメ その2
b0098139_00263812.jpg
お天気にも恵まれ、南禅寺、法然院の新緑がまぶしい。
b0098139_00235828.jpg

ちょっと歩くと汗ばむような暑さ。
今回は私の希望でお寺巡りもスケジュールに入れてもらいました。(笑)

京都女子旅二日目。
イノダコーヒ本店で朝食。フルーツサンド、美味!
レトロな店内はゆっくりとした時間が流れているようで、まったりしていたらあっという間に時間がたってしまいました。
こちらで、まきっちさんとちょこっとだけお会いすることができました~❤
時間なく後ろ髪をひかれる思いでまたの再会を約束し次なる目的地へ。


b0098139_00282889.jpg

2日目のランチは 京都のコンシェルジュ ツキコさん お気に入りのイタリアンへご案内いただきました。
一軒家風な店構えながら洋に和を素敵にとりいれたインテリアはさすが京都、まさしく隠れ屋イタリアン。
繊細かつオリジナルなお料理、一皿一皿京懐石に通ずるような美しいプレゼンテーション、もう全てが素敵でした❤
こちらもぜひまたリピートしたいお店!

ところで、ブログでは何年もお付き合いがあるのに、なんとこの日私はツキコさんと初めて会ったのです!
なのにお互いに、本当に私たち初めて?どこかで会ってない?なんて(笑)、同い年ですしね、まったく初めて会った気がしないぐらい気さくなお人柄のツキコさん❤
ご一緒いただいたトモトモ❤、楽しい時間をありがとう~
b0098139_00281550.jpg
美味しいお料理にお話もはずみ、楽しい時間はあっという間にすぎるもの。
末富さんで修行の後暖簾をかかげた緑庵さん、YUKI PALLIS COLLECTION へ立ち寄り、新幹線出発の時間ギリギリで京都駅へ駆け込み!

本当に時間がいくらあっても足りないぐらいの盛りだくさんな京都旅2日間でした。
Pinossaさん、Azumiさん、mi-coさん、お世話になりました。ああ、楽しかった~
また、よろしく♪

京都駅に配達してもらった井政さんのお弁当。
留守宅のお土産、緑庵さんの和菓子。
最後の最後まで究極の美味しいもの尽くしの旅でありました。
b0098139_01012862.jpg









[PR]
by leperline | 2015-05-19 15:29 | 旅 京都
京都女子旅 アンティークと究極グルメ その1
b0098139_01141516.jpg
週末、お友達と新緑の京都へ行ってきました。
骨董、アンティーク巡りと美味しいもの三昧の2日間。

まずは1日目のお昼は今回とても楽しみにしていた この方 お気に入りのお店へ。
茶道具商のお宅だった町屋の中庭を眺めるお座敷で、ゆっくりと京の贅沢な時間を堪能させていただきました。
繊細で独創的なこだわり抜いたお料理に垂涎ものの骨董の器など惜しげなく使い、一品一品お料理が運ばれてくるたびに幸せのため息。
女将さんのお人柄がうかがえるような接客の素晴らしさにも初めての私でも心置きなく寛げる居心地の良さでした。
お料理のお写真はNGなのでちょこっとだけ。
b0098139_11564189.jpg
骨董やアンティークが好きで京都へ何度も足を運んでいる達人の この方の案内で ギャルリー田澤さんやギャラリーグレースさんへ。
お店に居るだけでも幸せ❤ 
ここは魔法の館か~ 素敵すぎる~❤❤
そしてついに魔法にかかって(笑) アンティーク ラリックの ロータス ボルドーのグラスを購入してしまいました~~~!!

グレースさんちのブリショーの美猫看板娘、クリちゃん、キャリちゃんの愛くるしさにも終始メロメロ❤な私でした。 
b0098139_00275783.jpg
1日目の夜はスペイン料理のタパスで軽い食事の後、京都で行きたかったお店その2へ。
大人の隠れ家でモヒートとお薦めスペシャルスィーツのホットケーキを頂く。
ホットケーキと言っても想像していたものとはかなり違って、トロ~りとしたクレームブリュレがホットケーキにになったようなもの。
今回は半分頂いだけれど、お腹が空いていたら1枚は軽くベロッといってしましそうで、危険なぐらい美味しい!

はぁ~ 1日目、素敵な大人の夜は更けていったのでした。





[PR]
by leperline | 2015-05-19 13:30 | 旅 京都
ミラノ
b0098139_18044750.jpg
昔の下町風情残るナヴィリオ グランデ沿いにはアンティークの店や画廊、小さな工房やレストランなどが立ち並ぶおしゃれな界隈。
橋から眺める夕暮れ時の景色は一段と風情があって素敵です。
そう言えば昔この運河沿いの毎月催される骨董市で気に入ったリキュールグラスを見つけ、値段交渉したけれど絶対に負けてくれなかったっけ(笑)
靴箱に入れて大切に手荷物で持ち帰った8個揃いのグラスは訳あって半分になり、今はたったの3個になってしまったけれど、大切な旅の思い出です。

運河沿いを少し歩いて探索し、店先のオープンエアーのテーブル席が素敵だった Al Cognilio Bianco で旅の最後の夕食をとることにしました。
まったくの飛び込みで多少の不安はありましたが、実はお味も雰囲気もなかなか良い店でした。

前菜は polpo spadellato タコ、パンチェッタ、ポテトなど色々入ったソテーをチョイス。
メニューにはないけれど、と勧めてくれた本日の前菜、フレッシュモッツァレッラ丸ごとと生ハムの盛り合わせも気になったのだけれども。。。

お薦めのワインを尋ねると、とにかく美味しいから試してみて、気に入らなければ私が家に持って帰って飲むよ、ですって(笑) 
オーダーはほとんど私主導で決めていたので、イタリアでもね、今じゃ80%女性が決めてるよ。。。 ってわざわざ言わなくても、あはは(^_^;)
後でトリップアドバイザーの口コミを見たらユーモアあって感じのよい接客、ってありました~

b0098139_00463474.jpg
メインはもちろんミラノ名物、ミラノ風リゾットと仔牛のオッソブーコ、草鞋のようなコトレッタミラネーゼ。

たまたま隣り合わせたドイツから来たという親子と何気に会話がはずむ。
お寿司が大好きでよく食べるのよ~ 地元には大きな日本人コミュニティーがあって桜の季節はとっても綺麗、日本に行ってみたい。。。などなど。
旅って、素敵ですね。

夕暮れ時の運河を眺めながらの心地よいひととき、調子に乗ってワイン2本目~!と行きたいところでしたがここは抑えて。
ホテルに帰って帰国準備の荷物の整理があったのだった。。。


b0098139_18051799.jpg
↑の写真はこの界隈の名所、昔の洗濯場跡 Vicolo dei Lavandai にあるトラットリア エル・ブレリン El Brellin。
右端が草履のような大きさのコトレッタミラネーゼ

b0098139_18041106.jpg

*サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』に関しての備忘録。

『最後の晩餐』(イタリア語ではCenacolo Vinciano)を見学するには予約が必要です。
予約方法はネット予約もしくは電話予約。
ネット予約はイタリアのチケット会社『Vivaticket』http://www.vivaticket.it/?op=cenacoloVinciano でまず Vivaticket のアカウントを登録。ちなみに登録完了のメールはものの1秒でやってきます。
登録したユーザーネームとパスワードでログインして希望日時を指定、支払い(クレジットカードなど)で予約完了。
希望時間を選ぶ際、時間帯によってはガイド付きの見学(イタリア語と英語のみ)になり3.5ユーロが加算されることがあるので要チェック。
オーディオガイド(日本語 3.5ユーロ)有。
見学当日は支払い領収書(予約完了時にメールで送られてくる)とID(パスポート)を必ず持参のこと。
オーディオガイドを借りる際ID(パスポート)を預け返却時に返してもらうシステム。
また当日オーディオを借りる際おつりの無いように小銭を用意されることをお薦めします。
窓口の女性、有無も言わさず とにかく丁度じゃないと絶対にダメ!  なんだそうです。。。(-_-)
b0098139_18042021.jpg
ちょうどミラノEXPO開催目前でしたのであちらこちらで工事中でした。
ドゥオモのTerazzaに上るのもこの日は作業中で途中までしか上れませんでした。
それでもチケット代は変わらないのだけど、滞在日程がゆるすなら明後日に来たら、と丁寧に説明してくれた親切な窓口の女性に Grazie!

11日間の旅の記録以上です。

「旅を思い出すことは人生を二度楽しむこと」
私も、ブログに綴ったことで人生二度楽しんだ気分です~(笑)

沢山の楽しい旅の思い出とともに、A presto~!












[PR]
by leperline | 2015-05-15 01:02 | 旅 イタリア 
再び Firenze へ
b0098139_15160261.jpg
旅の記録もそろそろ終盤です。

南トスカーナからフィレンツェへ戻った翌日の寒さと言ったらまるで真冬。
地元の人はダウンにブーツの出で立ちで、私たちは重ね着でなんとかしのぎました。
今更冬物を買うのもくやしいですしね(笑)

ドゥオモのクーポラに上る人の列はざっと2~3時間待ちの長さ。
あまりの寒さに今回はジョットの鐘楼の方へ。
鐘楼の方が並ぶ時間も少ないし、クーポラが入った写真も撮れるのでこちらの方がよいという人もいますよね~

414段の階段は体力、脚力、心臓が頼り。
イタリア観光ではよくこういう階段登りがつきものですが、狭~~く薄暗い階段を上る人も下る人も譲り合い、ハアハア言ってる人と目が合えば思わず微笑み、お先にどうぞとか、どの国の人も、その時は皆運命共同体 (おおげさ(笑) な感じが好き❤
b0098139_15153116.jpg
b0098139_15220511.jpg

サン ジョバンニ洗礼堂の外壁は修復中でしたが、昨年はこの洗礼堂の外壁がエミリオプッチのスカーフプリントで全て覆われたとか。
さすがプッチさま粋です。
修復基金で礼拝堂のグラフィックスカーフも今販売していますよね。気になるかも~^^
b0098139_15211520.jpg

平日も常設の骨董店が並ぶチョンピ広場へ。
探していたアンティークビーズを尋ねると、うちにはないけどあそこの店にあるかもとお店の人を呼んできてくれて、結局なかったのですが、もしかすると倉庫にあるかもしれないから1、2日かかるけどいいかしらと、親切な対応にまたまた❤

この広場の近くで美味しいと聞いていたジェラート屋さん IL PROCOPIO へ立ち寄りました。
フィレンツェジェラートフェスティバルで1位になったスペシャルフレーバーはアーモンドやピスタチオなどのナッツにオレンジピールのミックス。
さすが堂々の1位、美味しい!
どんなに寒くてもやっぱりイタリアンジェラートは絶体に外せないですね。

b0098139_15221291.jpg


さて、旅の記録ものこすところあと一日。
フィレンツェから高速列車フレッチャロッサで最終地ミラノへ向かったのですが、平日だからそんなに混んでいないだろうと高をくくっていた私が間違いでした。
実に混み混み。。。。。
21時発の切符しかないと駅の窓口の女性の冷たいことったら。
もう少し早いのは?ちゃんと調べてるのかしらと食い下がるも、シニョーラ、何度聞いても同じ!って。
でも結局、あら空いてたわと1時間前の列車が取れたんですけれどねっ!フガっ



つづく。








[PR]
by leperline | 2015-05-07 18:32 | 旅 イタリア