天然石やビーズでオリジナルアクセサリーを作っています。 アクセサリーのこと、日々のこと、好きなこと、気ままに my style diary IG : KYOKO_LEPERLINE 
by leperline
My Home Page
カテゴリ
全体
Beads&Accessaries
Fly Fishing
my home
Welcome to my house!
from my Kitchen
器好き
古物好き
お出かけご飯
美味しいもの

旅 イタリア 
旅 京都
Italia
お出かけ
猫*Saphy
猫* ATOM the cat!
集い
習い事
Photo
Hot Yoga  
素敵なもの
日々
お知らせ
タグ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
more...
最新のトラックバック
器美味会 * 秋色お昼ご飯
from Azumi'sDiary
器美味会 秋色昼ご飯
from 器日々
鴨鍋Party @ pi..
from Azumi'sDiary
嬉しいお呼ばれ
from 食卓の風・・・
鴨鍋ランチ会
from 器日々
WA・ITALIAN @..
from Azumi'sDiary
ビーズさんちに伺いました♬
from Mino'sLife
和イタリアン* ビーズ邸
from 器日々
大人の林間学校 林間煖石の會
from Azumi'sDiary
大人の林間学校 2014
from Azumi'sDiary
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
photo lesson
b0098139_18584112.jpg
Pinot先生のお宅でのフォト・レッスンもいよいよ7回目、来月はいよいよラストレッスンです。
レッスン終了間近になり、今になってようやく『すぐ撮らない』という先生の言葉が意味するところ、最近ようやく少し分かったような気がしています。
ホワイトバランス、ISO、絞り、シャッタースピード、被写体を前にうーんと悩みながらあれこれやってみる、沢山失敗してもいいじゃない、一枚ぐらいはいいのもあるかも、きっと。。。
なーんて分かったようなことを言っていますが、昨日は今まで使ったことがないカメラの機能を知って愕然とした私です(笑)

今回は雑誌などでお料理を撮影をする状況を作っていただきました。
お部屋の光をできるだけ絶ち光源は一箇所に。ディフューザー+レフ板を使って光を調節しての撮影です。
まずは自然坊さんの器にこちらの方が作ってきてくださった一夜漬けを盛ったお写真↑から。
深い器は影ができてしまいますよね。その対処法などなど。
b0098139_1942055.jpg
Pinot先生が作ってくださったお料理。ディフューザーで柔らかな雰囲気に。ディフューザーの効果ってすごい!
b0098139_1975013.jpg
ヴィヨンのバームクーヘンは空洞を透かしたり、あっち向けたりこっち向けたり、楽しい雰囲気に撮れそう。
b0098139_19243226.jpg
そしてお楽しみのランチ!きのこ一杯と鶏の炊き込みご飯、長芋のソテーと生ハムのタプナード添え、パプリカのマリネ、グリーンサラダ。デザートはこっくりとしたお味のパンプキンプデイング。
Pinot先生のいつもお洒落でセンスのよいお料理と美しい器使い、季節のお花の設えなども、Photoレッスンの日、とっても楽しみにしていることのひとつなのです。
b0098139_2124259.jpg
撮影の合間、ふと目に入ったアングル。外国の雑誌に出てくるような素敵な雰囲気で、思わずパシャッ。

久間先生、そしてPinot先生、いつもありがとうございます。
また来月もよろしくお願いいたします。




 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-28 18:58 | 習い事
ドウダン紅葉
b0098139_2254122.jpg
いっきに冬がきたような寒さですね。今年は秋も短いらしく、紅葉狩りも行けそうにないのでお部屋に少しだけ紅葉気分です。
ドウダン紅葉。時々覗くお花屋さん、最近枝ものも置いてくれているので嬉しいです。
ちなみにこの床置きの花器は この時アトムがひっくり返した花器。対策として水は少なめに入れています。
この日も枝めがけて猫パンチしてましたがすぐに飽きちゃったみたい^^;良かった~。。。

分かりにくいですが、葉が落ちた雲竜柳も一緒に入れました。
ところでこの雲竜柳を電竜柳と読んでしまった私です。ダハハ。。お花屋さん目が点になってました。
b0098139_22541831.jpg

ところで迷信は信じますか?
イタリア語学スタジオ”Protagonista"の今月のブログは”Le superstizioni"(迷信)です。
いつものように対訳担当させていただきました。
イタリアでは13日の金曜ではなく17日の金曜が不吉な日、というのをご存知ですか?
13はむしろラッキーナンバーなのですよね~
ワインを零すといいことがあるよ!って言いますが、あれは零した人に、気にしないで!の意味もあるのかな~
スプマンテのコルク栓を勢いよく抜いたとき、コルクが当たってもいいことがあるよ!ですが、あれも痛かった報酬でしょうか~ 
発想が貧困過ぎ?私(爆)




 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-27 00:35 | my home
猫の季節
b0098139_2239232.jpg
急に冷え込んできました。
猫を抱っこすると温か~い季節です。^^

それからそろそろお布団にもやって来る季節でもあります。
いつも寝室にやってくるときはドアの外でニャーと一声鳴くので目が覚めてしまうのですが、律儀にも『入るよ~』と言っているのでしょうか。笑
ドアはいつもアトムが入れる分だけ少し開けてあるのだから遠慮は要らないのだけど。。。

それから足元にピョンと乗り、フミフミしてそのまま寝るのですが、昨晩はフミフミしながら少しずつ私の足元からだんだん抱腹前進で上のほうに上がってくるのです。
これ、可愛いには違いないのですが、暗闇でフミフミ、フミフミしながら少しずつ身体に添って上がってくる感触はちょっとオカルトチックでもあります^^;
それからドンと私の肩辺りで寄りかかり朝まで居ます。けっこう窮屈です。。。--;

ちなみにフミフミは仔猫が母猫に授乳を促す行為の名残りといわれていますが、うちのアトムのフミフミは大概が甘えたいときです。

もうひとつ最近ヘンな癖が。。。

もともとブラッシングが大好きで、ゴロニャン、ゴロニャン、クネクネ、デレデレ状態になってしまうのですが、試しに夫がハンディの掃除機でブラッシングの真似事をしたらもう大変。
掃除機の音がするやいなや脱兎のごとくやって来て、ニャーンお願いしまーす♪
このヘンな癖しばらく続きそうな予感であります。。。



 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-23 18:01 | 猫* ATOM the cat!
洋梨のアップサイドダウン・キャラメルケーキ
b0098139_1295653.jpg
禁漁の季節になるとぐっとお出かけが少なくなる我が家です。
どんだけ釣りに行ってたんだっ!と呆れられてしまいそうですが、とにかくフライフィッシングほど興味を引かれるものを見つけられないので、オフシーズンは困ってしまいます。。。
ここのところ週末は夫は仕事が煮詰まって家に篭りっきり。
この日は朝6時に寝たそうです。(そのころ爆睡中の私はまったく気づかず。。。;)
私も家でやることは山積みなのですが、そういう忙しいときに限って違うことをしたくなってしまうのは人の常現実逃避、デスネ。。。
朝、熟した洋梨をなんとかしなくてはならないと思いついてしまった。。。^^;

ELLE à table のバックナンバーで見つけたレシピは材料を見ただけで美味しいに決まってると確信。
半分に切った洋梨をそのまま入れてしまう大胆なところも私の嗜好にピッタリ。笑
しかも難しいことは無しです。 下↓レシピ載せておきます。
b0098139_12101986.jpg
ロフトでモニターの前に釘付けになっていた夫も、さすがにオーブンから漂う香りに吸い寄せられて様子を見に来ました。(笑)

b0098139_12211488.jpg
秋色のスィーツ。
お皿は一柳京子さんのシックな夜色のお皿。

濃厚なお味でしかもしっかり甘いので程々な量をお召し上がりください。食べ過ぎに注意。笑

b0098139_12365884.jpg


材料 20cm角型ケーキ型1台分
■キャラメル
グラニュー糖100g バター(角切りにする)25g
■アーモンドスライス(から炒りする) 30g
■洋梨(熟したもの) 小3個
■ケーキ生地
無塩バター175g
ライトブラウンシュガー175g
卵(溶きほぐす) 大2個
バニラエクストラクト(or バニラエッセンス 少々) 小さじ1
アーモンドパウダー 175g
塩 小さじ1/4
薄力粉 60g
シナモンパウダー 小さじ1/2

 ケーキ型に分量外のバターを薄く塗りオーブンシートを敷いておく。
   ここ、オーブンシートは必須です。キャラメルが型底にくっついてしまうので剥がすときに便利。
キャラメルを作る。 底圧のフライパンにグラニュー糖を溶かす。砂糖が液状になったら火を強めて濃い キャラメル色に。火を止めてバターを溶かし、ケーキ型の底に流し込む。全体にアーモンドスライスを散らす。
洋梨の皮を剥き半分に切って断面を下にしてケーキ型に並べる。芯は取ってもよい。
ケーキ生地を作る。
バターとブラウンシュガーをふわっとするまで泡立てる。卵をすこしずつ加えて混ぜ、バニラエクストラクト、アーモンドパウダー、塩、薄力粉、シナモンパウダーを加えて混ぜる。
ケーキ型にスプーンですくって移しいれ、表面は平らにならす。
オーブンで35分~40分膨らんで弾力が出るまで焼く。
5分ほどおいて下の面が上になるように皿の上に載せる。


 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-18 00:46 | from my Kitchen
Fly Fishing & 招き猫、タマ
b0098139_156377.jpg
ほとんどの川が9月で禁漁になってしまいました。
先月のことです。週末の一日、忍野へ出かけました。
早朝着くとこのような霧があたり一面に。まるで水墨画のような世界からこの後見る見るうちに晴れ渡り気温上昇、一気に夏の暑さに。

いつものポイントから移動しようとしたとき、数メートル先の道端でタマと遭遇。
あ、タマだ!と私が呼ぶと、タマは私を見てニャ~と鳴いてこっちへやって来ました。
そして私の足にまとわりつきスリスリ、スリスリ。
良かった~。元気だったのね、タマ。
タマはたぶん野良ちゃん。(時々誰かの家の猫になったりするのかもしれませんが。。。)
昨年最後に見かけたときは丸まって寝ていた身体に落ち葉がひとひら落ちていて、まるでうずくまっているように見えたので冬が越せるかどうかと案じていたところ、今年に入って一度も見かけなかったのでどうしたのかと心配していたのです。
しかし、人懐っこいニャンです。
昨年、タマがまつわりついてきたときは『爆釣』でした。
この日もかすかな期待が。。。
b0098139_1571562.jpg
いつも入らないポイントを覗くと、魚が列になって付いていました。
フライを何度か流してみましたが、全く無視。。。
やっぱりね。。。と諦めかけて最後にもう一度、と流すと、魔がさしたかのようにいきなりバクッときた!
えっ?!大きい~!今年一番のサイズのレインボーでした。
この後もイブニングは絶好調。
やっぱり、タマは招き猫でした♪

タマ、今年の冬もがんばれ!また来年も会おうね!
b0098139_1542977.jpg




 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-09 23:21 | Fly Fishing
余宮隆さんの刷毛目土瓶
b0098139_091522.jpg
通勤電車で私の目の前に背中を向けて立っていた男子のメールの書き出しがつい目に入ってしまいました。
9月に入りぐっと涼しくなりましたが、。。。。 
へぇ~、そんな季節の挨拶から始めるメールを書くような雰囲気の男子に見えなかったので(ゴメン^^;)、つい想像を膨らませてしまいました。
大学の先生にメール?それともサークルの回覧メールかな?
にしても男子君、老婆心ながら、もう10月に入りましたよ~ 

本当に朝晩めっきり涼しくなりました。
今年の夏はつい冷たいもの一辺倒でしたが、暖かい飲み物がほっこりとなんとも美味しい季節。
食後は緑茶、ほうじ茶、玄米茶をよくいただきますが、お気に入りの茶器でいただくお茶はより一層美味しく感じられるものです。
先日こちらで購入した余宮隆さんの刷毛目の土瓶。
一目惚れでした。

実はかねてから余宮さんのブログで拝見していてStyle-Hugさんの9名の作家作品を集めた急須・土瓶・ポット展ではターゲットでした。(笑)
b0098139_010682.jpg
ざらっとした土味のいい質感、刷毛目の感じ、使い勝手の良い少し大きめで美しい形、銅の持ち手、全て好きです。
これからの季節、お茶の時間が益々楽しくなりそうです。
b0098139_0112810.jpg


ハマッてしまいました。。。
[PR]
by leperline | 2010-10-06 00:52 | 器好き
ラブラドライトのブレスレット
b0098139_143428.jpg
毎年お仕事でお会いするイタリア人マダムがいらっしゃいます。
イタリア某ホテルチェーンのディレクター・オブ・セールスで、センスのよい彼女はシンプルでカッコイイ着こなしのお手本のような女性。
ネイビーや黒、白、ベージュなどのベーシックな服にさし色ではっとするような赤いジャケットを着たり、ポイントで大ぶりのアニマル柄のバッグを持ったり、バカンス焼けの小麦色肌にとてもよく合い、さすがイタリア人だなぁといつも感心するのです。

そして何よりもアクセサリー使いがお上手。
ジュエリーよりもこういうアクセサリーが好きなのと、毎年来日するたびに私のアクサセサリーを何か一つ連れて帰ってくださいます。
今回も以前作ったネックレスを着けて来てくれて、それはセンターにシルバーのバッグ型のクラスプが付いているのですが、私が変色していないねと言うと、私はよく磨くもの、とのお返事。
シルバーはちゃんと磨くところもさすが欧米人なのです。

さて今回もまたいくつか見せてね、と言われたものの材料がそろわないものもあって困ったのですが、これは彼女が好きそう!と思ったものの中にブレスレットがありました。
想像通りラブラドライトの細石を編みこんだボリュームのあるブレスレットを気に入られて、オーダーいただきました。
しかも手首が細いんですよ~私のジャストサイズと同じ!(アレ?^^;爆)
欧米人はブレスレットの使い方が上手ですよね。
これもまた見習いたいことのひとつ。

将来いつかイタリアにお店を開くかもしれないでしょう~ (夢の夢。それはないと思うけど。。。^^;)
そしたら私はイタリア人で一番最初のあなたの顧客よ!
と笑顔の素敵なマダムなのでした。
b0098139_1433178.jpg




 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-01 00:17 | Beads&Accessaries