「ほっ」と。キャンペーン

天然石やビーズでオリジナルアクセサリーを作っています。 アクセサリーのこと、日々のこと、好きなこと、気ままに my style diary IG : KYOKO_LEPERLINE 
by leperline
My Home Page
カテゴリ
全体
Beads&Accessaries
Fly Fishing
my home
Welcome to my house!
from my Kitchen
器好き
古物好き
お出かけご飯
美味しいもの

旅 イタリア 
旅 京都
Italia
お出かけ
猫*Saphy
猫* ATOM the cat!
集い
習い事
Photo
Hot Yoga  
素敵なもの
日々
お知らせ
タグ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
more...
最新のトラックバック
器美味会 * 秋色お昼ご飯
from Azumi'sDiary
器美味会 秋色昼ご飯
from 器日々
鴨鍋Party @ pi..
from Azumi'sDiary
嬉しいお呼ばれ
from 食卓の風・・・
鴨鍋ランチ会
from 器日々
WA・ITALIAN @..
from Azumi'sDiary
ビーズさんちに伺いました♬
from Mino'sLife
和イタリアン* ビーズ邸
from 器日々
大人の林間学校 林間煖石の會
from Azumi'sDiary
大人の林間学校 2014
from Azumi'sDiary
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:猫* ATOM the cat!( 14 )
アトム写真館
b0098139_1350424.jpg
皆様より温かいお悔やみのメールやお手紙、コメント等頂戴いたしまして心よりお礼申し上げます。
私は元気にしております。
ほんとうにありがとうございます。

先週末あちこちのファイルに入っていたアトムの写真を夫がひとつに整理してデジタルフォトフレームにしてくれました。懐かしいアトムが小さなときの写真も出てきて幸せな思い出が蘇ってきました。
上の写真はアトムがまだ生後2ヶ月半のときの写真で、ティッシュの箱と同じ大きさでした。
このころの興味はティッシュの箱から中身を引っ張り出すこと。^^
その後あっという間に大きくなって、誰が見ても、アメショーですか。大きいですね~。。。と言われるほど成長。^^;
でも私の中ではいつまでも遊ぶのが大好きでワンパクなこの頃のままのアトムでした。

最後の最後の私とアトムだけの思い出があります。
一度も外に出ることのなかったアトムでしたので、せめて一度外へと、亡くなる数日前のこと、いつもアトムが眺めていた花壇前にそっと一緒に並んで座りました。
アトムは目の前のラベンダーの葉や風の臭いをクンクンとしてとても穏やかな表情で、病気の辛さからそのときだけ解放されたように見え私もとても嬉しく思いました。
それからアトムは数歩前へ歩いては休み、歩いては休みしてゆっくりと二人で家の周りを半周ほどしました。風がそよそよとそよぐ心地よい午後のほんの僅かな二人だけの幸せでした。
b0098139_15253687.jpg
今頃はふかふか雲の上でのんびりお昼寝しているかもしれません。
[PR]
by leperline | 2011-05-27 20:20 | 猫* ATOM the cat!
アトム虹の橋へ
b0098139_17381399.jpg
昨晩アトムが虹の橋へ旅立ってゆきました。

昨日の記事を書いた後病院へ迎えに行くと、先生から貧血の進みが酷くもう薬で出来る治療は限界かもしれませんと伝えられました。
キャリーに入れようとして少し動かしただけでアトムは苦しそうに鳴いていました。
私は咄嗟に今日お別れが来るのかもしれないと悲しくも悟りました。
それから家に着いて2時間ほどでアトムは旅立ってしまいました。
その間危篤な状態に1度なりましたが、お姉ちゃん(娘)が帰ってくるまでまだ逝っちゃだめだよと夫と声をかけると少し持ち直し最後は家族3人で見取ることができました。
最後までがんばり続けたアトムです。

昨日の朝、今日は病院は止めて家に居た方がいいのではとの思いがよぎったのです。
それは虫の知らせだったのかもしれません。
朝お気に入りの出窓に連れてゆくと、もう歩くこともほとんど出来なかったのに前足をついてすくと座って外をしばらく見ていました。今となっては最後に大好きな外を見せてあげられたことがせめてもの慰めです。

昨晩はお通夜をして家族でアトムのことを沢山話しました。アトムが我が家にやって来たときのこと、それから9年2ヶ月の私達との思い出や、アトムもママの抱っこ攻撃をよく耐えたよな~の夫の失言発言に泣き笑ったりしました。
アトムもきっと聞いていてくれたと思います。

今日は霊園から帰ってきてから何をしても心落ち着かず、このブログを書くことが唯一心穏やかでいられるような気がして書いています。
悪性リンパ腫と分かってからの数ヶ月、アトムは辛い症状によく耐えたと思います。
大嫌いな病院へ連れてゆくとキャリーにしがみついてなかなか出てこなかったり(帰るときはすぐ入る。笑)、注射の手を引っ込めて隠したり、アトムなりの小さな可愛い抵抗をしつつも一日8時間もの点滴や薬の副作用などにもよく耐えてくれました。
できるだけ長く最後までの時間を少しでも穏やかに過ごして欲しいと思うのは人間のエゴなのかもしれないと何度も思った日々です。

アトム、ゴメンね。もうがんばらなくてもいいからね。
そして君がくれた沢山の幸せに、ありがとう。

b0098139_17404337.jpg

[PR]
by leperline | 2011-05-17 17:46 | 猫* ATOM the cat!
ATOM 集中治療
先週あたりから急激に病状の悪化を感じるようになりました。
私を見あげてニャーと鳴いたその時はっとしたのは、力ない小さなかすれ声よりも顔色が真っ白だったこと。猫の顔色って分かるものなのですね。
具合が悪い時いつもの病院へ行けばステロイドの皮下注射をするのみ。最初は効いていたそれも近頃は効き目がありません。
なんとかしなくてはという焦りから夫といろいろ調べて他の病院をあたりました。
最初はセカンドオピニオンを聞くだけのつもりが、アトムを一目見た先生はとても危険な状態ですとおっしゃってまず抗がん治療を止めて貧血治療を点滴で数日集中的にすることを提案してくださいました。
想像していた以上に急速に病状は悪化していたということもわかりました。。。
待合室で患者さんが沢山待っているにもかかわらず私達の話を沢山聞いてくださり納得いくまで説明してくださったその先生に最後の僅かな希望を託そうと私達は思いました。
(今までお世話になった先生にはきちんと説明しお礼申し上げました。)

その日から今日で3日目の日帰り入院です。
がんばれ、アトム!
帰ってきたら大好きなベランダでゆっくりしようね。
[PR]
by leperline | 2011-05-16 16:53 | 猫* ATOM the cat!
元気です
b0098139_12324854.jpg
久々にお気に入りの場所(バスルームの出窓)から我が家の隙間ガーデンを眺めるアトム。網戸越しに撮ったので紗が掛かっています^^;

一昨日からアトムはみるみる元気になりました。
先週は大学病院の検査の翌日から一日3回の嘔吐、その後まる3日間何も食べなくなり、熱で辛そうにキッチンの隅っこで丸まっている姿に一時は最悪のことも考えた私でした。
その上週末夫は法事で九州へ、娘はお友達の結婚式でお泊りの留守。私一人でアトムの最悪状態をどう見守ればいいのかと胸がはりさけそうでした。
そんなときに書いたのが前記事↓で、今読み返すとなんとも必死(?)な文章です。
^^;
b0098139_12332465.jpg

日曜日に急遽かかりつけの病院でしていただいたステロイドと水分補給の注射が効いた様で、私がお夕飯の支度をしているとフードトレイの前にヨロヨロとやって来て食べたそうにしていましたので、お魚とお野菜を煮てブレンダーでピュレ状にしたものにいつも食べている猫缶を味付けで混ぜて与えるとペロッと食べてくれました。
その時の嬉しさといったら一人でヤッター!と叫んでしまったほどです^^;
それからみるみる良くなり昨日は快食快○、ベランダで小さな虫を獲物に遊んでいました。

昨日から週一回の抗がん剤静脈注射の治療も始まりました。
血管確保で流血したとき、何もされていない付き添いの夫の方が痛そうな顔でして(笑)、TVドラマの手術シーンは絶対に見れない夫です。
これから数週間白血球の減少をチェックしながら最終的に寛解という状態になるまで治療は続きます。

最近では動物の世界にも高度医療があり病気の治療方はいろいろあると思います。
でも私達はアトムが普通にご飯を食べられて気持ち悪くなったりせずできるだけ長く穏やかに生活をしてくれればいいと望みました。
本当はアトムにどうして欲しいか聞ければいいのですが(笑)
アトムの病気が判明してからあちこちのサイトを拝見したり、本当に沢山のことを考えさせられました。
同じ病気を持つ子の参考になればと思いこれからも時々アトムの様子をアップしようと思っています。
メールやお電話でご心配頂きました方々に心より感謝いたします。
[PR]
by leperline | 2011-04-27 12:58 | 猫* ATOM the cat!
ATOM
b0098139_18415291.jpg

猫がソファーの真ん中でこんな風にお腹を出して寝る姿を見るのは本当に幸せなことです。
もう少し横に詰めてくれないかな~。。。とお腹をこちょこちょくすぐってみても全く動じないアトム君は、家族皆の笑顔を誘います。

なのに。。。
最近アトムがこんな格好をする事はなくなりました。
本当に辛いとき、言葉にする事はできないと思っていました。でも、書いてみようと思いました。
アトムの病気に一緒に向き合うために、何よりもアトムは大切な大切な家族なのですから。

3月で9歳になったアトム。
お誕生日を前にずっと体調が優れませんでした。
そして大学病院で検査をした結果、お腹にとても大変な病気が見つかりました。
この病気には化学療法が有効とのことなので先週からアトムは闘病生活に入りました。
と言っても当たり前ですがお布団にじっとしているわけもなく、なかなか目の届くところに居てくれません。
今日も床に顎を付けて辛そうです。
そんな時何もしてあげられず痩せてしまった背中をなでてあげることしかできません。
それでも喉をぐるぐる鳴らしているアトムです。
嬉しいときにする猫のグルグルは自然癒力があるのだそうです。
それならば沢山撫でてあげようと思います。
そして母はもう泣かないと決めました。
前向きにアトムの力を信じて!
[PR]
by leperline | 2011-04-24 17:12 | 猫* ATOM the cat!
猫の季節
b0098139_2239232.jpg
急に冷え込んできました。
猫を抱っこすると温か~い季節です。^^

それからそろそろお布団にもやって来る季節でもあります。
いつも寝室にやってくるときはドアの外でニャーと一声鳴くので目が覚めてしまうのですが、律儀にも『入るよ~』と言っているのでしょうか。笑
ドアはいつもアトムが入れる分だけ少し開けてあるのだから遠慮は要らないのだけど。。。

それから足元にピョンと乗り、フミフミしてそのまま寝るのですが、昨晩はフミフミしながら少しずつ私の足元からだんだん抱腹前進で上のほうに上がってくるのです。
これ、可愛いには違いないのですが、暗闇でフミフミ、フミフミしながら少しずつ身体に添って上がってくる感触はちょっとオカルトチックでもあります^^;
それからドンと私の肩辺りで寄りかかり朝まで居ます。けっこう窮屈です。。。--;

ちなみにフミフミは仔猫が母猫に授乳を促す行為の名残りといわれていますが、うちのアトムのフミフミは大概が甘えたいときです。

もうひとつ最近ヘンな癖が。。。

もともとブラッシングが大好きで、ゴロニャン、ゴロニャン、クネクネ、デレデレ状態になってしまうのですが、試しに夫がハンディの掃除機でブラッシングの真似事をしたらもう大変。
掃除機の音がするやいなや脱兎のごとくやって来て、ニャーンお願いしまーす♪
このヘンな癖しばらく続きそうな予感であります。。。



 天然石&ビーズのアクセサリー Le Perline
[PR]
by leperline | 2010-10-23 18:01 | 猫* ATOM the cat!
Oh! my cat !!
b0098139_23385968.jpg
今日はアトム君が朝から2つやってくれました。
朝食の用意をしていると、突然『わぁ~っ!!』という夫の声とともに振り返ると、床置きの花瓶がごろんと倒れ中の水が当たり一面にーーーーっ!
どうやら枝にアトムの爪が引っかかり転倒した模様。

水がこぼれたなら拭けばいいことなのですが、我が家の床は白木の床。水拭きはしないでくださいね、と建築家N先生からも言われているのです。でもこれじゃ床にバケツの水を撒いたようなもの。涙
大慌てで家中の雑巾を総動員で床を拭き拭き、拭き拭き。。。。。
木と木を張り合わせた隙間にも浸水していたのでキッチンペーパーで吸水作業をちまちま、ちまちま。。。

当のご本人は階段の上から様子うかがい。
ママ、怒ってますか。。。
はいはい、怒ってませんよ。トホホ。。。そこに花瓶を置いたのは人間の都合だものね。
こちらも随分辛抱強くなりました。

それにしてもトホホな朝一番でした。
もうひとつのことはアトム君の名誉にもかかわるので、内緒にしておこうね、アトム。
b0098139_23391933.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2010-05-25 00:37 | 猫* ATOM the cat!
おぼん猫
b0098139_093632.jpg
最近ちょっとストイックにがんばり過ぎているかな~と感じたので、以前から気になっていたジェルネイルを気分転換にしてみました。
アウトドアと手仕事をしていることでネイルは諦めていたのですが、ものすごくリフレッシュされました。
こういう喜びってたまには必要ですね^^

ところで、
猫ってほんとうに狭いところ好きです。
読もうと思って置いておいた新聞の上に乗っていたり、ランチョンマットの上にちゃっかり座っていたり、とにかくそれぐらいの大きさのものがあればとりあえず乗ってみる。

ある日食器棚の整理をしていたときです。
背後でカタっと音がしたので嫌な予感が。。。
や、やっぱり。。。。ちょっと床に置いたお盆に丸まってました。!Σ( ̄□ ̄;)


最初足が乗っていなかったのですが、足を乗せ、次にしっぽもお盆のカーブに。
鍋猫ならぬ、おぼん猫っていうのはどうでしょう。笑
b0098139_01048.jpg
きっとアトムにとってこの丸い形はものすごく和むのでしょうね~
b0098139_011148.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-10-07 00:53 | 猫* ATOM the cat!
風邪でダウン。。。なのに。。。
b0098139_22415429.jpg
小雨模様の寒い日に、銀行、郵便局、クリーニング屋さんへ寄りテクテクと歩いて帰ってきたら、その晩に鼻水グズグズ、くしゃみ、悪寒。
翌朝、熱を測ると8度3分。。。
仕方なくその日のお仕事はお休みをもらい、一日ベッドの中で休息となりました。

しばらくして、いつものように寝室の戸を開けて入ってきたアトム。
最初はニャーニャーと鳴いていたけれど、こちらが無視して寝ているとベッドヘッドの上に登り布団の上へジャーンプ!
ちょっとぉー、ママは具合が悪いんだからあっちへ行ってて!W(`0`)W ガオォー!
と廊下へ出して戸をビシャッ!
しばらくして、またすーっと戸を開けて布団の上にサッと飛び乗り、足元辺りを前足でフミフミ、フミフミ。
これ、猫を飼ってる方ならお分かりと思いますが、寝る前の動作です。
子猫が母乳を飲む動作の名残りだとか。。。

はぁ。。。、あなたも寝るんですか、ここで。。。--;

しばらくうつらうつらとしてはっと目が覚めると、足元が重い。。。
試しに足をモゴモゴ,グリグリと動かしてみました(酷い母^^;)
動じることなく眠りこける息子^^;
そうやって一日中アトムは私の足元で寝ていました。

猫って不思議。
こちらが凹んでいるときや、元気が無いときにやってきてじっと一緒にいるんですよね~
普段はぜんぜん無視しているくせに。
熱で身体は辛かったけれど、なんだかアトムの行動が可愛くて思わず笑みがこぼれてしまうような一日でした。
b0098139_2181324.jpg

ちなみに写真は以前に撮ったものです。
いくらなんでもこの日はカメラを持つ元気はありませんでした(笑)

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-11-30 17:45 | 猫* ATOM the cat!
猫、テレビを見る
b0098139_042874.jpg
猫、テレビを見る。(チーズスイートホーム風

猫って、猫が大好きでしょうがない人の側にはちっとも来なくて、あんまり干渉されなさそうな人の膝にのってみたりするのです。
ちなみにうちでは前者は私、後者は娘と夫です。
ならばできるだけ触らないようにすればいいのね、と試みるも一日が限度。。。
どーしても構いたくなってしまって、ひょいと抱き上げてスリスリ。
これがどうも彼にとってはストレスのようです。 
b0098139_053183.jpg
この日はどういう気分なのか、夫の膝に乗りしばらく一緒にテレビを見ていました。
そういうことはめったにないのでカメラでパチリ。
いつもは写真が嫌いなのでそっぽを向くのに、そんなこともかまわずじっと見入っています。
b0098139_064091.jpg
見ていたのはイルカやカバ、ゾウなどが出てくる番組。
イルカやゾウを見ながらいったい何を思っているのかと母は思うのでした。

以前の家は3階で回りは2階建ての家ばかりでしたのでパノラマで外の景色を眺めることができました。遠くランドマークタワーや横浜の花火も小さくみえたほどです。
近くに大きな緑地があってそこをねぐらにしている野鳥たちがやってきては空を舞い、電線にとまっている様をアトムは一日中見ていました。
そういう意味では新しい家は少しものたりないかもしれません。

明日は電線に鳥がやってくるといいね、アトム君。
ちょっぴり不憫な気持ちの母です。
b0098139_022895.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-10-23 00:40 | 猫* ATOM the cat!