「ほっ」と。キャンペーン

天然石やビーズでオリジナルアクセサリーを作っています。 アクセサリーのこと、日々のこと、好きなこと、気ままに my style diary IG : KYOKO_LEPERLINE 
by leperline
My Home Page
カテゴリ
全体
Beads&Accessaries
Fly Fishing
my home
Welcome to my house!
from my Kitchen
器好き
古物好き
お出かけご飯
美味しいもの

旅 イタリア 
旅 京都
Italia
お出かけ
猫*Saphy
猫* ATOM the cat!
集い
習い事
Photo
Hot Yoga  
素敵なもの
日々
お知らせ
タグ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
more...
最新のトラックバック
器美味会 * 秋色お昼ご飯
from Azumi'sDiary
器美味会 秋色昼ご飯
from 器日々
鴨鍋Party @ pi..
from Azumi'sDiary
嬉しいお呼ばれ
from 食卓の風・・・
鴨鍋ランチ会
from 器日々
WA・ITALIAN @..
from Azumi'sDiary
ビーズさんちに伺いました♬
from Mino'sLife
和イタリアン* ビーズ邸
from 器日々
大人の林間学校 林間煖石の會
from Azumi'sDiary
大人の林間学校 2014
from Azumi'sDiary
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:古物好き( 10 )
エリック・ホグラン
b0098139_15552071.jpg

10月のことです、秋空に誘われて夫とともに久しぶりに骨董市巡りしました。
早起きが功を奏したのか^^;、以前から探していたものに出会うことができました。

エリック・ホグランのネコのアッシュトレイ。
色ガラスのものは見かけることもあったのですが私が欲しかったのはクリアガラスのネコ。

このネコとの最初の出会いはご近所のお洒落な某雑貨屋さんで見かけて以来。
他にもホグランの作品が数点あって、アイアンのキャンドルスタンドとか素敵でした。
(お値段も素敵でしたけど^^;)

当時シンプルで洗練されたガラスが主流の中、独創的で自由な作風は画期的だったのでしょうね、スウェーデンを代表するガラスアーティストも最初はなかなか受け入れられなかったのだそう。
確かに好き嫌いが分かれそうな作風ですが、なぜか他にどんな作品があるのだろうと次々と見たくなってしまう不思議な魅力があります。
今尚人気高くコレクターが多いというのも分かりますね。

ガラスのモチーフはホグランのBODA社時代の作品で、ひとつひとつガラスに手作業で型押しして作られてます。
アッシュトレイのこのネコ、デフォルメされたデカ目のネコながら、不思議となんだかとってもネコっぽいと思うんですよね。。。

b0098139_15271657.jpg
キャットウォークの様な階段の隙間スペース、我が家の「隙間ギャラリー」に飾りました。
階段の上り下りに、今日も居る♥とついつい目が行ってしまう私のお気に入りです。
[PR]
by leperline | 2012-11-13 15:33 | 古物好き
LOVE! Bla Azur
b0098139_042496.jpg
今日は暑かったですね~
7月の半ばの陽気だったそうです。明日はまた一気に寒くなるらしく、体調管理、気をつけたいですね。
午前中に掃除、洗濯、仕事を終わらせて、午後はジムへ行きました。
気持ちよく汗をかいてご機嫌だったのに、なんとシャワー中にピアスの片方を無くしてしまって一気にトーンダウンです。。。くまなく探して、もちろん排水溝も一応覗いたのですが、見つかるわけもなく。。。涙
私はよくピアスを無くします。片方だけのピアスが結構あるのですが、今度、左右違うの着けちゃおうかな、なんて思いつつ実行できずにいます。ーー;

以前から欲しかった北欧のヴィンテージ、Bla Azur。ネットで見つけてポチッとしてしまいました。スモーキーなブルーグレーに惚れました。
b0098139_055585.jpg
プレスガラスのお皿には週末にダンディゾンで買ったラヴショコラをのせました。カカオのブリオッシュの中にコーヒーのガナッシュが入っています。ちょっと温めていただくとより美味。
b0098139_052310.jpg
眺めているだけで嬉しくなってしまうカップです。

 Le Perline のHP 
[PR]
by leperline | 2010-03-17 00:13 | 古物好き
古いガラス瓶
b0098139_20143486.jpg
週末の散歩、道端に立ち枯れたような低木を発見しました。枝先には実がはじけた花のようなものが沢山ついていて、一枝折れて垂れさがっていたので、夫に、これもらってもいいよね。。。と同意を求めると、折れてるしいいんじゃない、と言うので家へ持ち帰りました。
毛むくじゃらなこれ、何でしょうか。。。
b0098139_2015623.jpg
家にある花瓶にあれこれ挿してみたのですが、結局この古びたガラス瓶が一番合っているような。。。

このガラス瓶は以前頂いたものなのですが、確か東欧を旅行したときに蚤の市で見つけたと言っていました。
ラリックの花瓶やドームのグラスなどコレクションされている方ですが、この瓶は気に入ったようで、名だたるコレクションと一緒に並んで飾られていたのはちょっと可笑しかった。
b0098139_20174432.jpg
瓶のこの柄の反対側には錨のような柄が付いていてBudapest(ブダペスト)の文字が。

きっとハンガリーでソースとか入って売られていたのかもね。。。。と言うので、何故に『ソース。。。?』とそのとき思った私ですが、後で『イカリソース』のことね、と苦笑してしまいました。
ブダペストにもイカリソースがあったかどうかは存じませんが、ソースが入っていたにしてはなかなかお洒落な瓶です。(まだソースの瓶と決まったわけではありませんが。。。笑)
いつの時代のものかは分かりませんが、はるばるブダペストからやって来てこうして我が家で花など入れられて使われているこの瓶の長旅を思うと、不思議なご縁のようなものを感じて大切にしてあげなくてはと思うのでした。

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2010-02-18 22:35 | 古物好き
安南染付け鉢、 ピューター皿
b0098139_15275268.jpg
最近週末は夫を誘って骨董市へ出没してます。
いつもセンスのよい物を扱っているお店で目に付いた安南の鉢。
安南の鉢で18世紀のものだとのこと。
値段を聞き、いったん考えようと他を一巡しつつも気になって仕方がありません。
もう一度戻ってみると4つあったうち2個は既に売れていました。
やっぱり。。。鉢の見込みについた重ね焼きの痕がもっと味のある感じのものが無くなっていました。
ちょっと後悔しつつ二者択一。
b0098139_15271454.jpg
見込みの窯疵はロウを流し重ね焼いた痕だそうです。鉢自体も微妙に歪んでいます。
焼きの工程をとても詳しく説明してくださいました。
プロの方のお話を聞くのも勉強になります。
悩んでしつこく見ていたので1000円もおまけしてくれました。^^;
b0098139_152819100.jpg
自宅の隙間ガーデン(笑)のローズマリーとアイビーを飾ってみました。
b0098139_1530326.jpg
こちらは古いものではありませんが一目で可愛いと気に入ったガラスの杯。
4つとも柄が違うところがいい。いろいろ使えそうです。
きっと5つ揃いだったものでしょうね。もうひとつはどんな柄だったのでしょうか。。。
b0098139_15302825.jpg

平和島全国古民具骨董祭り で見つけたベルギーのビューター皿。
パン皿として使用可能でしょうか。
かなり存在感があって我が家に馴染むまで時間がかかりそうです。。。
b0098139_154937100.jpg
b0098139_155026100.jpg

[PR]
by leperline | 2009-03-24 18:15 | 古物好き
鎌倉で出会ったもの
b0098139_1458870.jpg
最初にブルーグリーンのガラスの小瓶に目がとまりました。薬瓶でしょうか。
本当は病院っぽいものは苦手です。。。白いホーローの洗面器とか特に。。。--;
子供のときの病院のイメージなのでしょうけど。
でもこのガラス瓶には惹きつけられました。そして一緒に並んでいた更に小さな瓶。
蓋がなんとも可愛い。なんともレトロな感じのガラスの風合い。
アクセサリーの飾り戸棚に並べてみました。
b0098139_14583686.jpg
こちらは『もやい工藝』で出会った沖縄読谷村北窯の宮城正享さんの器。
b0098139_16183877.jpg
以前から民芸の器ってどことなく南欧の器に通ずるものがあると思っていました。
もやい工藝さんで出会った読谷の器は和だけれどなんとなく洋な雰囲気。
料理研究家の長尾智子さんがある雑誌でヨーロッパのお皿と民芸の器を合わせてコーディネートされているのを見てあらためて納得。
いつか素敵にデビューさせたい器です。
b0098139_14594521.jpg
こちらはこの方のところで拝見してすぐメールで問い合わせました。萩原英二さんのまめ皿とごまさじ。まさしく小さな名脇役ですね。
b0098139_1623078.jpg
一緒に新築のお祝い、とくださったオーバルボックス。なんと可愛い。お裁縫箱にもいいですね。こんなお裁縫箱だったら大の苦手なボタン付けも楽しいことでしょう。^^;
ひとまずビーズのピアスを入れてみました。くーちゃん、ありがとう。
b0098139_1504880.jpg



 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-07-08 16:54 | 古物好き
骨董市
b0098139_051053.jpg
BIS・・・・
『BISCUIT』と読みたいところですがアルファベットが裏返しになったりひっくり返ったり、意味不明。でもビスケットの雰囲気は伝わってきますよね^^
1週間前の骨董市でゲットした木のお菓子の型です。
お菓子の型と言ってもビスケット型ではなく和菓子や落雁の類だと思います。

b0098139_010066.jpg
それから、このチョコドーナツみたいなもの。多分建具か何かの飾りかな。。。こちらもかなり気になってずっと手に取りかなりしつこく眺めていると、、『雨の中来てくれたからおまけ』とどちらもいきなり1000円もおまけしてくれました^^;
この日はあいにくの雨模様のお天気。雨の日はお得なこともあるようです。
b0098139_011016.jpg
チョコドーナツは2個、階段の窓際になんとなく置いてみました。
ここはキャットウォーク的なところなのでアトムに狙われそうでちょっぴり不安でしたが、今のところ興味はないようです^^;
b0098139_0113312.jpg
ビスケットはキッチンの窓辺に。
b0098139_0115613.jpg
そしてコチラで拝見した灯明台が素敵で、似た様なものをゲットしました。
骨董市でいつもお洒落な感性で見つけたものを素敵に使っていらっしゃる
himawariさん。
先日は楽しいお買い物でしたね♪

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-06-30 00:12 | 古物好き
骨董市
b0098139_144163.jpg

よく見かけるこのお馬さん、Dalahäst=ダーラナホース。
スウェーデンのダーラナ地方で子供の玩具として作られたのが始まりだそうで、起源はなんと約400年前だそう。
古いものは骨董価値もあるそうですが、私が骨董市で見つけたものはそんなに古くはなさそう。
でもこの愛らしい形にひと目惚れ。

お馬さんのお腹をひっくり返すと、小さな丸いシールが付いていて、これまた私の苦手なとっても小さな^^;文字でナントカ、カントカSweden、と多分スウェーデン語で書いてあったのです。
スウェーデンのものには間違いない、と確信した私。即座にお店の方に値段を尋ねると、
これは外国のものだからね~。。。と意味深な返事。
た、高いの、かな。。。と期待薄で待っていると、

『500円!』

ご、500円?デスカ。。。思わず聞き返しちゃいました~^^;
お店の人の気が変わらないうちにさっさとお金を払い、袋を握り締めて帰ろうとすると、隣のお店のおじさんが、『いい買い物したね~』って言ってくれました^^

b0098139_15133.jpg

スウェーデンでは馬は幸せを運んでくれる動物として愛されているのだそうです。
さあーて、どこに飾ろうかなぁ。。。

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-05-19 15:24 | 古物好き
アンティークと謎解き
b0098139_1283496.jpg
週末、地元の最寄り駅で朝7時に待ち合わせ^^、この方とN子ちゃんと訪れた骨董市。お天気も良く骨董市日和、先月夫と来たときより出展者の数も多い模様。期待は膨らむ~

途中こちらの骨董市超ご常連の某ブロガーさんとばったりのサプライズ。私はお会いするのは初めまして~♪です。さすが詳しい。そこ、こことご案内いただきつつ、めぼしいものをテキパキとゲットされてました。^^

ほぼ4時間もうろうろしつつ、欲しい~♪と思うものはお高い。。。--;なんせ自粛の折、今回は清くあきらめて帰ろうかと思ったとき、なんとなく引きつけられて購入したおメダイ。
かねてからアンティークのクロスでロザリオのようなアクセサリーを作ってみたいと思っていました。が、クロスはけっこう強気のお値段。数ある中から選んだのが↑のおメダイです。
b0098139_1285962.jpg

直径わずか2cmの中にとても細かいレリーフが描かれて美しい。
キリストを抱くマリア様が手をかざしています。右の男性は、光輪がありますので聖人のひとりか?風景は森の中のようです。男性の足元に何かが置かれていますが、よくわかりません。
b0098139_1292277.jpg

裏はユリの花、JUBILE’ 1926 と刻まれています。
JUBILEは聖年のことでしょうか。でも聖年は25年、50年、100年ごとですよね。。。
などとひとり謎解き。なんでも鑑定団みたい。
ちなみに私はクリスチャンではありません。(高校はカトリックでした^^;)
b0098139_1210661.jpg
ホワイトデイに夫からミモザの花束とトップスのチョコレートケーキをもらいました。
b0098139_1210495.jpg
はぎわらさんのところで先日購入した万作さんの器に。
なんとなくアンティークな雰囲気でひと目で気に入ったお皿です。

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-03-17 12:10 | 古物好き
ハマッてます。骨董市
b0098139_169752.jpg
このとき、シンプルに暮らす。と、言っておきながら、好きなものの収集癖は止まず。。。^^;
前日にこの方と急遽話が決まり、出かけました。骨董市。
7時集合がベスト。とのことで、またまた早起き。早起きは三文の徳と言いますからね^^
b0098139_18234671.gif

さすが、クーちゃんは慣れてます。さっと一巡してもうお目当てを見つけた様子。私はなかなか決められない~~(汗)迷ってやっとゲットしたのは、プレスガラスのお皿二枚。
これ、古いんですか?と尋ねると。ほら、ここのところがざらざらしてるでしょ。プレスしたときにバリができた跡。こういうのは古い。昭和の初期頃じゃないかとのこと。
なかなか良心的な感じ。お店の方とのこういうトークも大切な情報収集源。
b0098139_16111768.jpg
この後、まだまだ時間はたっぷりあります。なんせ7時から居ますので。(笑)
西荻へ移動です。西荻といえば骨董店街。
くーちゃんの案内で素敵なお店めぐりです。
そして、出会ってしまった
b0098139_16114297.jpg
安藤さんのカップ。
安藤さんのお皿をここのところずっと求めていましたが見つからなかった。お店の方に、安藤さんの作品はあったときが吉日と勧められ即決。
b0098139_16121531.jpg

プレスガラスのお皿にのせてみました、スフレ・オ・ショコラ。
バレンタインデーの辺りはちょいと忙しくて作れなかった。もうすぐホワイトデーが来ちゃうのであわてて作ったという魂胆もある。(笑)

そして西荻のランチは
[PR]
by leperline | 2008-03-04 22:44 | 古物好き
骨董市
b0098139_18212010.jpg
骨董市へ行きました。(3週間前のことです^^;)
以前からある方が骨董市で毎回素敵なものをゲットされている様子をブログで拝見し、ずーっと気になっていたのです。思い切って伺ってみると快く教えてくださいました。
b0098139_18214521.jpg
コツは朝早く行くこと。
私、釣りで早起きは珍しいことではありませんが、何年やっても慣れない。。。--;
案の定いやな予感が当たって目覚ましに気づかず予定より一時間遅れの8時到着。
どんなものがあるのかざーっと一巡したものの、まだまだ目が肥えていないもので決められない。かなりうろうろしてようやくゲットしたのが、↑のフランスVERECOのスタッキングできるコップ。40~50年代のものとのこと。レトロな雰囲気のカットが気に入りました。
b0098139_1438411.jpg
さらに、オールド・パイレックスのミキシングボール。
ミルキーにブルーの鶏と農夫のアーミッシュな柄に引かれて購入。
b0098139_1914325.jpg
こちらのフックやノブもとっても気になったもののひとつ。
b0098139_19373954.jpg

面白いもので、一段と人だかりのしているところがあったのです。
どれどれと覗いてみると、ダンボールにとってもレトロなガラクタ(ゴメン^^;)の様なものがいっぱい。
まるでどこかの古家を取り壊した際にごっそり持って来たみたいな(再びゴメン^^;)感じと言えばわかって貰えるかと思うのですが。でも私が欲しいと思っていたグリーンの縁のレトロなホーロートレイを一足先に大事そうに抱えている人もいた。
後で骨董市に詳しい方に聞いたところ、そういうところがとっても穴場なのだそうです。

お知らせ

2月20日夜、玉川学園の三和前の踏切で迷い犬のワンコが タクシーに轢かれ、その後ふらふらと線路内に入ってしまい、急行電車に跳ねられてしまったそうです。
偶然居合わせた善意ある方々の御協力によりレスキューされ、現在は青木犬猫病院に入院中です。命には別状はないものの、前足1本は潰れていて切断は免れないそうです。

3~4歳 (♂)
体重4.45kg
色は白に黒いブチ (一見 キャバリアに似ています)
少し汚れていて 異常に痩せているので 放棄犬の可能性もある?
獣医談 「女性の声掛けに対してはシッポを振るので 飼い主さんは女性なのかもしれない」

詳しくは食卓の風(pinot先生のブログ)をご覧ください。

文章は器日々さん をコピーさせていただきました。
一刻も早く飼い主さんが見つかることを祈っています。



 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2008-03-01 19:42 | 古物好き