天然石やビーズでオリジナルアクセサリーを作っています。 アクセサリーのこと、日々のこと、好きなこと、気ままに my style diary IG : KYOKO_LEPERLINE 
by leperline
My Home Page
カテゴリ
全体
Beads&Accessaries
Fly Fishing
my home
Welcome to my house!
from my Kitchen
器好き
古物好き
お出かけご飯
美味しいもの

旅 イタリア 
旅 京都
Italia
お出かけ
猫*Saphy
猫* ATOM the cat!
集い
習い事
Photo
Hot Yoga  
素敵なもの
日々
お知らせ
タグ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
more...
最新のトラックバック
器美味会 * 秋色お昼ご飯
from Azumi'sDiary
器美味会 秋色昼ご飯
from 器日々
鴨鍋Party @ pi..
from Azumi'sDiary
嬉しいお呼ばれ
from 食卓の風・・・
鴨鍋ランチ会
from 器日々
WA・ITALIAN @..
from Azumi'sDiary
ビーズさんちに伺いました♬
from Mino'sLife
和イタリアン* ビーズ邸
from 器日々
大人の林間学校 林間煖石の會
from Azumi'sDiary
大人の林間学校 2014
from Azumi'sDiary
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:from my Kitchen( 77 )
グレープババロア
b0098139_0534161.jpg
小さなことからコツコツと。
たとえばお風呂上りの顔ヨガ、寝る前の腹筋、お腹一杯に食べないように。。。等々。
今まで何もしてこなかった自分を反省し、ただいま無理のない程度の小さな積み重ねを努力しています。
でも出来ない日もある、誘惑に負けることもある、無理はしない。。。そう思ったらストレスも少なくてすみます。

週末のジムで、座って身体をひねりながら両手を組むポーズ、いつも手がとどかなかったのにこの日は組むことが出来ました。ひとつのポーズが出来た効果で前向き思考になり、1時間気持ちのよい汗を流すことができました。
日常のほんの小さなことなのだけれど、気持ちの持ち方って大切ですね。
b0098139_23143122.jpg

一月ほど前に有元葉子さんのお料理教室に参加しました。
その時のグレープババロアを作ってみました。

使用するぶどうはスチューベン。
ニューヨークで生まれた品種でぶどうとしては珍しく温暖な地域での栽培は不向き。極甘のぶどうで糖度は巨峰の18度より甘い20~22度。ぶどうの中でもっとも甘いと言われているそうです。
ちょうどタイミングよく生活クラブで購入することが出来ました。

まずは葡萄を皮ごと煮て晒しで漉し、グレープジュースを作ります。
ババロアはそのジュースを使って作りますので綺麗なパープルピンクのとろっとしたババロアができあがります。
b0098139_0535972.jpg
グレープジュースも添えて。秋色のデザートです。


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-11-18 23:29 | from my Kitchen
白トリュフ塩 sale con tartufo bianco
b0098139_11532126.jpg
美味しいものをいつも沢山ご存知のあの方から、『送ったから。。。』とメールを頂き、玄関で正座して待っていると(笑)、巷で話題の『白トリュフ塩』が頂きました。
スマスマでキムタクが絶賛したとかで、しばらく売り切れ状態だったというこの塩は、イタリアのtartuflanghe社のもので、フランス産の大西洋天然海水塩にイタリア最高級トリュフの産地ランゲ産の白トリュフがフリーズドライで入っています。とにかく凄い塩です。
b0098139_11554746.jpg
包装を開けると、もわ~っと香ってきた~~~強烈なトリュフの香り。トリュフが凝縮されたような香りで、期待感大。
お肉のソテーや、魚のカルパッチョ、サラダドレッシング、卵との相性もいいらしい。
イタリア人らしい発想と思ったのが、特に寿司との相性は最高、と書いてありました。笑

我が家はまずはオムレツでトライ。
いつもの朝食のオムレツが高級化して大変身。
こういうときフルフルとろ~りとしたオムレツが焼けたらなぁ~と切に思うものです。。。。涙
見かけはNGですが、味と香りをお届けできたなら~♪
b0098139_11562111.jpg
トリュフと言えば高級食材。お目にかかったことは何度もあるわけではありませんが、一度だけ贅沢をしたことがあります。
10数年前にイタリアのURBINO(ウルビーノ)という町のレストランでのことです。
メニューでまず目に付いたのは生トリュフのパスタ。
テーブルに運ばれてきた茹でたてのパスタの上に、カメリエーレがトリュフをスライサー片手にサッサッサッとスライスしてのせてくれます。
新年早々町には観光客はほとんど居らず、町で一番というその店でお客は私たちだけ。
そんなことでサービスしてくれたのでしょうか、これでもかと言わんばかりにこんもりとのせてくれました。笑

その時の思い出はもうひとつあって、友人N子ちゃんがトリュフに感動してか(笑)皮の手袋をお店に忘れてきてしまいました。
それに気づかず宿に戻ってきてしまった私たち。部屋にもどると、レストランで手袋を忘れてきたか?とフロントから電話の後、先ほどのカメリエーレが手袋の片手を持って部屋まで届けにきてくれたのです。
私たちがどの宿に泊っているかなどわからないはずなのに。。。
ローマのレストランで日本人観光客が不愉快な騒動に巻き込まれた報道には心痛みましたが、レストランと宿は近いとは言え、手袋片手の持ち主を探し、寒い中宿まで届けにきてくれたレストランもイタリアにはあるのです。
b0098139_11581086.jpg
Mさんありがとう♪
正座して待っているに値する素晴らしいお品でしたよ。^^
b0098139_11582648.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-10-18 01:30 | from my Kitchen
休日、南の島風ランチ
b0098139_18482378.jpg
気がつくと9月もあとわずかではありませんか。。。汗
今月は仕事で家を留守にすることが多く、シルバーウィークも前半は仕事、ブログはおろかPCの前に座ってもメールチェックがやっと。
ある日帰宅すると、サプライズ宅急便が届いていました。
中をゴソゴソと開けて、嬉しくて思わずにんまり。疲れも一気に吹っ飛んじゃいました。(笑)
送り主さん、お気持ちしかと頂戴しましたよ~^^ありがとね。

サプライズ宅急便で送ってくれたゴーヤです。
ゴーヤを使ったお料理のレパートリーが非常に少ない私。
ピーンときたのはこのときのmatoさんのゴーヤサラダ。なのに夫はツナが苦手。。。(’へ’)
ならばと、オーソドックスですがチャンプルーを作りました。
ゴーヤチャンプルーと言えば島豆腐や木綿豆腐だと思うのですが、ピーンと閃いて厚揚げで作ってみました。
厚揚げはレンジでチンして適当な大きさに切り『五味一体特別の油 寿』でこんがりと焼いておきます。ゴーヤは塩もみして苦味を取ります。
厚揚げのゴーヤチャンプルー、 これがけっこうイケル。
b0098139_18491383.jpg
安藤雅信さんの器に盛りました。和の趣のお皿ですが古いスッカラもよく合います。

豚挽き肉とナッツのご飯は『美味しいから 何度でも』よりレシピを拝借。
ライムの代わりにN子嬢より頂いた沖縄のシークワーサーで味付けしました。
大嶺實清氏のペルシャブルーのお皿にエスニックなご飯がよく合います。
b0098139_18501010.jpg
久々に家族三人そろっての休日のランチ。
ゴーヤーチャンプルーも豚挽き肉&ナッツのご飯も美味しいねと大好評でした。
b0098139_1852496.jpg
沖縄のやちむんはのびのびとして元気をくれる器です。

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-09-27 22:00 | from my Kitchen
オリーブ収穫
b0098139_2225118.jpg
9月に入って仕事も入りあわただしくなってきました。
秋色の石も入手したのでネックレスの新作を作ってはいるものの、どうも納得がいかず。。。
心落ち着かない日々です。。。。。
b0098139_23393564.jpg


玄関脇にシンボルツリーとして植えたオリーブに実がついたことは以前書きました。
葉をモリモリ食べていた芋虫を退治したのは2ヶ月ほど前のことです。笑

オリーブは実がついても数粒で収穫するほど大きくはならないみたい、と聞いていたのであまり期待はしていなかったのですが、そこそこ大きくなってビックリです。
木への負担を少しでも軽くしようと先週少し間引きしましたが、これ以上あまり大きくなるような雰囲気ではなかったので思い切って収穫しました。
b0098139_22105872.jpg


500g弱採れました。
青梅ではありません。オリーブです。笑

オリーブの実は灰汁が強烈で、もちろんそのままでは食べられません。
灰汁抜きは塩で抜くのが一般的とのこと。いろいろな方法があるようですが、私はもっとも簡単な方法を採用。
b0098139_2231698.jpg
保存便に塩を山盛り入れ蓋をして振って全体にゆきわたるようにします。このまま2週間~40日間おきます。
その後塩抜きで水に漬け1週間から10日毎日水を替えます。
オリーブオイルに漬けるのはそれからで、食べられるようになるのはざっと2ヵ月後ぐらいでしょうか。。。
b0098139_2234898.jpg
どうなりますことやら。。。
2ヵ月後をお楽しみに~^^v

More
[PR]
by leperline | 2009-09-06 23:45 | from my Kitchen
イチヂクのオレンジ煮
b0098139_15352735.jpg
イチジクは子供の頃よく食べた記憶があります。
ほんのり甘くて子供心にそんなに美味しいとは思わなかったけれど、今思うと大人な果物ですよね。
そのままで食べるよりドライにしたり、コンポートにしたり、リキュールとお砂糖をかけてオーブンで焼いたり、手をかけるとイチジクの本来の美味しさが数倍も増すような気がします。

イチジクのオレンジ煮を作りました。グラニュー糖を薄いキャラメル色になるまで加熱しオレンジジ果汁、レモン汁、はちみつなどと共に煮ます。
キャラメルとオレンジって意外と合うのですね。

左藤玲朗さんのモールの鉢に入れてみました。
b0098139_1536346.jpg
このときに購入した清水善行さんの高台の小鉢に市販のバニラアイスを添えて、オレンジ煮のソースもとろりとかけます。
b0098139_15391321.jpg
今日は残暑厳しい一日でした。
冷たいおやつが美味しい季節もあと少しでしょうか。。。
b0098139_15392990.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-08-24 15:40 | from my Kitchen
あんずのジャム
b0098139_16403771.jpg
生活クラブでジャム用のあんずを入手したので、『おいしいから何度でも』のすももジャム
(P76)のレシピを応用して、あんずのジャムを作りました。
今まで私はお砂糖は80%で作っていましたが、60%でも十分甘くとろりと仕上がり美味しいですね。
糖分は控えめが良し。これからは60%でゆきます。^^
b0098139_16382789.jpg
Weckの瓶に保存。
三瓶のうち一瓶はバニラビーンズとラム酒を少し加えました。
バターをたっぷり塗った朝食のトーストにトッピングしたり、ヨーグルトにも。
うちでは ジャムは毎日の必需品。
くだものとお砂糖だけで作る自家製は安心です。
b0098139_16391050.jpg
綺麗なオレンジ色が元気をくれるビタミンカラー♪
b0098139_1881855.jpg

我が家の隙間ガーデンのワイヤープランツが伸びて氾濫していたので少し刈りました。
そのまま捨ててしまうのもかわいそうなので、小さなガラスのピッチャーに入れダイニングテーブルやキッチンの窓辺に飾りました。
ほんの少しのグリーンでも涼やかな雰囲気が伝わってきます。
暑いのでテーブル下にごろ寝のアトム。アトム君、苦手な夏がやってきましたね^^;
b0098139_1757350.jpg
玄関脇のオリーブが沢山実をつけました。梅雨の最中に芋虫に葉を喰われているのに気づき鬼の形相、目を凝らし、やっと退治したのですが、それ以降なんとなく元気がありません。
念願の自家製オリーブの酢漬けは今年もダメでしょうか。。。。

b0098139_16512465.jpg
 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-07-16 22:46 | from my Kitchen
和三盆プリン&苺のコンフィチュール
b0098139_141031100.jpg
冷蔵庫に賞味期限ぎりぎりの生クリーム。 簡単に作れるおやつを探していたらモン・サンクレールの辻口さんのレシピを発見。和三盆を使ったプリンに苺のコンフィチュールを添えたもの。
人気パティシエのレシピはきっと複雑に違いないと思いきや、プリンの作り方はいたって簡単。
苺のコンフィチュールはちょっと前に作ったものがまだ一瓶あります。

お砂糖の一部を和三盆にして卵液に加え、耐熱容器に入れオーブンで蒸し焼き。
前日に作っておいて冷蔵庫で冷やしておきました。
まずはお昼に娘と二人でいただきました。
この間、彼氏の話など根掘り葉掘り聞く私(笑)。
b0098139_14104231.jpg
冷たいラッテマッキアートも一緒に。
ちなみに、カフェ・マキアート=エスプレッソにごく少量のフォームドミルクの泡をたらすだけ。
ラッテ・マキアート=フォームドミルクにエスプレッソを注ぎ込む。
だそうです。
マッキアート(macchiato)とはイタリア語で染みをつけた、染めたの意。
要するにエスプレッソで染めるかミルクで染めるか、ということですが、ミルクの分量で違うということらしい。
カフェ好きのイタリア人らしいこだわりですね。
b0098139_1413447.jpg
苺のコンフィチュールは沢山作り置きしたつもりですが、もうこの一瓶で終わり。
b0098139_1413127.jpg
母の日に娘からもらったお花。今月はお友達の結婚式が重なり+私の誕生日もありました。。。お祝い貧乏らしい。^^;
今は修行の身、ムリしなくていいのに。。。でも、♪ありがとう♪

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-05-13 23:21 | from my Kitchen
筍茹でました
b0098139_23232873.jpg
生活クラブから筍が届きました。新鮮なうちに茹でようと思ったら米糠がありません。確か米のとぎ汁でもOKだったような。。。とネットで検索すると大丈夫のようです。
筍の穂先を切り、皮に切れ目を入れ、米のとぎ汁、鷹のつめとともに弱火でコトコト柔らかくなるまで1時間ほど煮ました。

まずは筍ご飯。
ここ数ヶ月、娘と私は夕飯のときのお米を抜いています。なんでも娘の友達がお米を抜いただけで何キロも痩せたのだそう。でも、筍ご飯は別~♪
モリモリ2膳目おかわり~!と言いたいところでしたがさすがにそれはぐっと我慢。(笑)
ちなみに体重は変わりません。。。--;
b0098139_23245357.jpg
若竹煮(わかめ無し)も作りました。
スプリング・ロール 春巻き^^にも筍。(夕飯時の写真失敗(・・,) お写真ありませ~ん)
これで筍はきっちり使い切りました。
b0098139_23251877.jpg
芳宣さんのお気に入りのトクサの飯椀に筍ご飯。万作さんのトクサには牛肉のしぐれ煮を。器はぎわらさんで購入。
若竹煮の器は金沢の米田和さん。
b0098139_23281867.jpg
翌日筍ご飯を持って実家の父の元へ。

その帰りに。。。
[PR]
by leperline | 2009-04-11 23:27 | from my Kitchen
Bill's リコッタパンケーキ @home 
b0098139_1643218.jpg
最近気づいたこと、私って実は粉物好き?
麺類にお好み焼き、たこ焼き、パン、ドーナツにパンケーキ。。。etc.
いかにも粉物的なものにどうもぐっと惹かれるようです。
中でもパンケーキは好きなようで、過去記事にもたびたび登場。
人事みたいに言っておりますが、いままで自覚があまりなかったもので。。。
自覚はどちらかと言うと辛党デス(笑)

このときのパンケーキを家で作ってみました。
こうやって写真で見ると、本家本元とはだいぶ違います。。。--; 
でも、ふわふわに出来ました。 
家族全員、一口目は、わ、ふわっふわ~♪、デシタ(笑)

リコッタ 1 1/3 カップ             盛り付け用
牛乳 3/4 カップ               バナナ
卵 4個                      ハニーコームバター
薄力粉 1カップ 粉砂糖
ベーキングパウダー  小さじ1
塩 ひとつまみ
バター 50g

1 リコッタ、牛乳、卵の黄身をボールに入れ混ぜる。 
2 ベーキングパウダー、薄力粉、塩を振るい、1のボールに入れざっとまぜる。 
3 別ボールに卵白を角が立つまでホイップする。
4 3を2に2回に分けてさっくりと混ぜる
5 大き目のフライパンにバター少々を溶かし、パンケーキ1枚分の量(大さじ2)
  を弱火から中火で約2分、もしくはいい色に焼き色がつくまで焼くき、裏返し色よく焼く。
  ちなみに何枚も焼くのが面倒な私は1枚(小さなレードル2杯)で焼きました。
  この分量で2枚X3人分でした。

パンケーキの生地はラップして冷蔵庫で24時間保存可、だそうです

バナナを立て半分にスライスしパンケーキ3枚をのせる。トップにハニーコームバター
(私は普通のバターで代用)、粉砂糖をふるう。

ハニーコームバター
柔らかくした無塩バター 250g
sugar honeycomb 100g を麺棒でクラッシュする
*honeycomb(蜂の巣)は蜂蜜に蜂の巣が入ったもので代用できるでしょうか?
  何処で入手できるかご存知の方、教えてください)
蜂蜜 大さじ2
材料を滑らかになるまでフードプロセッサーで混ぜる。
棒状にしてラップでくるみ冷蔵庫で2時間冷やす。保存はフリーザーで。トーストに乗せても美味しいそうです。
レシピはBillsのHPから参照。

b0098139_1644060.jpg
マシーンでカップチーノ、入れました。牛乳を泡立てた後にエスプレッソを抽出するので、泡にブタさんの鼻のような丸穴二つ。。。
b0098139_1643383.jpg
週末のちょっと遅めの朝食でした。

 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-03-10 10:07 | from my Kitchen
お一人様ランチ ~ オイルサーディン丼 ~
b0098139_14443866.jpg
年明けから体調イマイチで凹んでいましたが、復活しました。
三連休はジムへ行ったり映画を見たり。
映画は『地球が静止する日』を鑑賞。古典SF、ロバート・ワイズ「地球の静止する日」リメイクだそうで、オリジナルは見ていませんが、そう思ってみるとなるほどなストーリーです。
私はスクリーンで久々にキアヌに会えたのでハッピーでした。^^

本日のお一人様ランチ。オイルサーディン丼です。
レシピは井上絵美さんの『愛しのお取り寄せ』から拝借で、最近のマイブーム。
竹中罐詰のオイルサーディンを使って作ります。
近海で獲れる小ぶりの鰯を頭と内臓をとって塩をして乾燥後、油で加熱しローリエを入れたのみのシンプルな製法。完全手作りで量産ができないとのこと。
それを知って思わず大人買いしてしまいました(笑)
b0098139_1446182.jpg
オイルサーディンを鍋にあけてお醤油を少し足し加熱するのみ。白髪ねぎとともにご飯にのせて熱々を頂きます。
青背の魚好きの私もうなる美味しさ(笑)
オイルをパスタに使っても美味しいですよ、とお店の方もご推薦でしたので、次はパスタでいただくことにします。
b0098139_1505085.jpg
東南に大きく開いた窓から冬の温かい陽がリビングに入ってきます。アトムは陽だまりにお決まりのゴロン。空は雲ひとつ無いブルースカイ。穏やかで気持ちの良い冬の一日です。
b0098139_14461631.jpg


 Le Perline のHP
[PR]
by leperline | 2009-01-14 14:47 | from my Kitchen